マスターxマスター雑感

現在グローバルテスト中の「マスターxマスター」をちょくちょくプレイしているので適当に感想でも垂れ流します。

 

ゲーム性を一言でまとめるなら

「よくある見下ろし視点でアクション性高めのハクスラ&MOBA」といった印象。

160318-01

ハクスラ(PvE)パートでは、所持キャラクターのステータスやスキルを強化できるだけでなく、

ドロップ収集や実績などの条件を満たすことにより全てのキャラクターをアンロックすることが可能です。

アンロック目的でのダンジョン周回は「やや面倒」程度なので、延々と掘り続けなれけばならないマゾさは心配しなくてよさそう。

むしろ、2週間程度のプレイでやることなくなっちゃいそうな浅さなので、PvEはあくまでオマケ要素で、本作のメインコンテンツはPvPと捉えたほうがいいかもしれません。

 

PvPパートでは「3vs3」「4vs4」「5vs5」の3種類があり、

「チームデスマッチ」、「占領戦」、「MOBA」といった具合です。

 

 

また、本作に触れる上で欠かせないのが

1プレイヤーが2キャラクターを操作する」という独自の要素でしょう。

 

160318-02

 

 

これはPvEでもPvPでも共通で、交代CT(10数秒)、状態異常中やスキルモーション中を除き、いつでもキャラの交代が可能です。

各キャラごとにHP,MPやスキルのCTは固有で、どちらかのHPがゼロになるまで戦闘可能ということは、CTやダメージをフォローするように交代を続けたほうが効率的ぽいです。

この交代要素は思ったより深く、様々なところで編成を考えさせられます。

 

ステータスだけで見ても、HPの低いADC(遠距離アタッカー)のお供にタンクを設定すれば、敵チームのフォーカスに耐えやすくなりますし、

スキル的に組むならばBlink&Blinkなど、TankでイニシエートしてからAssasinに換えてフルスキル叩き込むとかのコンボやシナジーを考えるかいがありそうです。

また、従来のMOBAでは「ただ硬いだけ」「ただ逃げ性能高いだけ」といった謎方向への特化型はチームに組み込む価値が無いとされていたものが、本作の2キャラ仕様によって採用する余地が生まれるかもしれません。

そう考えると他タイトル以上にキャラ選択の幅が増えて、将来性のあるタイトルである、と言えそうです。

 

多くのNCゲーに多すぎる時間を投じてきたファンボーイからすると、

インターフェイスなどのストレスの無さは流石NCといった印象ですし、

「Lineage」、「AION」や「BnS」のダンジョン再現率は原作を知っている方々に1度見てもらいたいほどの出来です。

特にMLCなんかはLineageのアイテムやSEなどを完全再現しており、原作愛溢れるものとなっています。

 

総合的に見ると出来が良く、ゲーム性十分な良タイトルであるとオススメできますが、

大ヒットするかと言われると微妙である印象も否めません。

 

というのも、公式がメインにすえているモードは5vs5のMOBAであり、従来の他タイトルと比べても大きく代わり映えのしない「普通のMOBA」です。

集団戦でタワーを折るというよりも、間接的なオブジェクト獲得がタワー破壊に繋がるという点で「LoL」よりも「Heros of the Storm」に近いと言えるでしょう。

同じPCゲーという媒体で既に盤石なプレイヤー層を獲得している上記タイトルに対して、特に目新しくない本作の5vs5が新規に台頭してくるのはやはり考えづらいものです。

個人的にもレーン戦は飽きた感がありますし、4vs4や3vs3が流行ればいいなと願ってます。

 

 

国内では身近な範囲で「プレイしている!」的な声はあまり無く、心配っちゃ心配ですが

今現在、日本、台湾、韓国の同サバ接続が可能なこともあり、過疎って対人できないなんてことは本稼働後もしばらくなさそうです。

 

ワイプを控えた今週は適当に検証しつつ過ごして、本稼働からは飽きるまでガツガツプレイしていきたいですね!

Posted in: Game


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。